宮城県美容業生活衛生同業組合
理事長 就任のご挨拶


平成二十七年五月二十五日開催されました第五十四回通常総代会において理事長に選任されました、菱沼久男前・理事長が、平成二十九年二月十五日より、
転倒による脳挫傷により入院加療中でしたが、新たに病が見つかり、平成二十九年三月三十一日を持って退任する事になりました。


平成二十九年四月十日緊急理事会により、理事長として承認;を受けました石巻選出の今野仁です。

前理事長の休職・退任と考えもしない事態の中在任期間一年を任され、元理事の皆様の皆で協力すると力強いお言葉を頂き、微力ながら皆様のお力と協力の
元、前進してまいります。

現在も大震災でお店を失い、仮設店舗での営業をされている;組合員や、仮設店舗から再建できなく廃業に追い込まれる会員、高齢により廃業や脱退、減少に
歯止めがかかっておりませんが、少しずつではありますが、宮城県美容講師会若手会員の指導講師育成や、組合会員のインターネットのホームページを通し
ての情報交換等、二年前に始めた事がようやく芽を出しはじめてきました。

これも私達と組合員の皆様が同じ目線でのコミュニケーションが取れたからだと思います。

いち早く動ける組合を目指し会員の皆様に安心して仕事が出来るよう、色々な業界団体などと連携を密にとり、柔軟な姿勢で取り組んで行くことを目標とし
ます。

東日本大震災を経験し全国の組合、組合員より多くの支援を頂き、組織力の素晴らしさを痛感しました。

一人一人では、声が小さいかもしれません、でもその一人一人が、同じ方向を向く事によって、大きな声が生まれます色々な問題があります。組合にはたく
さんの知恵があり答えがあります。

今まで以上に皆様の声を聞き、次世代に引き継ぐためにも取り組む所存であります。

任期一年どうぞよろしくお願い申し上げます。